即日融資は来店不要のカードローンで借りる

MENU

即日融資のカードローンを便利に使う

ピースサインの女性

即日融資に申し込んだ人にとって心配なのが、どれくらいの時間で審査結果が出るのかが挙げられますよね。

 

最近ではあらゆるカードローン会社でスピード審査を心がけており、早ければ30分程度で可否を知ることができます。ただ銀行のカードローンは審査基準が厳しく設定されているので、審査が遅く即日融資向きではありません。

 

銀行系は利率の低さが長所なので、消費者金融系と比較した時に審査基準がより厳しくなってしまうというマイナス評価ポイントです。反対に消費者金融系のカードローンの場合には審査速度が非常に早いので、即日融資に向いており、利用し易い申し込み先です。

 

100万円以上の借入金額が大きい融資を考えているなら、金利の数値は最初に確認しておくべき項目と言えます。元金が多ければ数%だけでも金利が違えば発生する利息金額がずいぶん変わってしまいます。

 

これに対し10万円単位の融資の場合や即日での融資が優先事項ならば、金利水準は銀行系と比較すると高めになるものの即日審査が強みの消費者金融というのが正しい選択です。

 

即日融資に申し込むときは、借りる金額によって借り入れ先をどこにするかを判断しましょう。

 

当日中にお金を借りるのであれば、ネットで申し込みをして下さい。お金の受け取り方は銀行に振り込んでもらうかATMで現金を受け取るのと2つのどちらでも可能です。

 

銀行振込の場合、楽天銀行などのネット口座であればすぐに入金したお金が引き出せる状態になりますが、一般の銀行口座の振込みは申し込み時間帯によって完了までの時間が異なります。夕方にお金の振り込みをしてもらったとしても、お金が引き出せるようになるには残念ながら次の営業日です。

 

こうしたことから夕方以降に手続きになってしまう即日融資の場合、無人契約機を使うのが必須です。まずオンラインで申し込んでから所定の手続きを自動契約機で済ませれば、そこでカードが発行されるので現金が引き出せます。

 

限度額50万円以下の場合は収入を書面で証明しなくて良いので、借り入れを手軽に行えます。このやり方であれば仕事で遠方にいるときなどでいきなりお金の必要に迫られた場合でも銀行振り込みでできる時間を過ぎていてもお金を受け取ることが可能です。

 

ネットからの申し込み後に、自動契約機でカードを受け取るのが最速の流れです。大手に分類される消費者金融を利用すれば、夜間でも自動契約機から借り入れが可能です。夕方になってから今日中にお金を借りたいという人は、オンラインで申し込み、無人機を使いましょう。

即日融資に必要な書類を知っておこう

パソコンを見ている女性

即日融資OKのキャッシングにせっかく申込みしても、書類が不足していて慌てて用意したりしていては、お金が必要な肝心のタイミングに間に合わなくなるかもしれません。時間の無駄と面倒を避けるために、申込みの際の必要書類はあらかじめ理解しておくことが必須になります。

 

本人を確認できる書類がなくてもお金を貸してくれる会社は常識的に考えてありえません。もしあるとしたら、そこはかなり危険な金融業者かもしれません。

 

けれども、必要書類については一般的な成人の場合難しい問題ではありません。

 

普通は運転免許証や保険証、パスポート等を用意すれば本人確認書類提出に関しては大丈夫です。ですが、申込む金融機関によってはどんなものが本人確認書類として認められるかは違うかもしれないので、事前に確認しておくことをおすすめします。

 

ただし即日融資だけに限らず、大半のカードローンでは、運転免許証と健康保険証は認められるのでキャッシングを申込むときには準備しておくと良いでしょう。

 

それと、たとえば単身赴任中などで、現住所と本人確認書類に記載された住所が違うときには公共料金の領収書、国税・地方税の領収書、住民票の写しなどの書類が必要になる場合もあります。

 

収入証明書が必要になる場合

以上はキャッシングの申込み手続きのときには全員が提出を求められるものですが、希望する借入金額がある程度多いと収入証明書を提出することが求められます。おおむねどの消費者金融でも、提出の基準となるのは50万円です。

 

また今のは会社員の場合であり、自営業の場合は借入れを希望する金額が50万円未満であっても収入証明書の提出を求められるケースもあります。会社勤めの方に比べて、収入が分かりづらいことが多いという理由によるものです。

 

収入証明書というのは、融資額に見合う返済能力を備えていることを確認するための書類です。確定申告書や源泉徴収票、住民税の通知書、給料明細などがそれに当たります。こうした書類はもちろん有効期限内の最新のものでないとなりません。

 

ちなみに給与明細の場合は、偽造の可能性があるので社印や発行年月日、企業名、受け取り手のフルネームの記載があるなどのある程度の条件を満たしているものしか使えません。さらに、1枚では駄目で直近の数ヶ月分が求められることが多いです。他の業者からの借入れがあるときや勤務形態によっては、提出する書類が複数無いとならないこともあります。

 

従って、50万円以上のキャッシングをしたい方や会社員以外の方は、前もって収入証明書を準備しておくことでその分早く審査を受けることができるので、即日融資の可能性がそれだけあがりますよ。

 

保険証の種類が審査に影響する?

ところで、場合によっては本人確認は健康保険証を用いた方が審査の際にメリットとなることもあります。

 

健康保険証の発行元は職業や年齢によって違うので、保険証だけで分かる情報は結構あるのです。どういうことかというと、たとえば社会的に安定している公務員の場合と、フリーターとでは持っている保険証が違うのです。一般的にどんな方でも入れる国民健康保険証は、身分証明書としてはあまり価値はないとされる傾向にあります。逆に、公務員の方が入る公務員共済健康保険証の場合は、融資審査における身分証明としては価値が高く見なされます。

 

その次に、会社員の方の多くが加入している社会保険健康保険証が価値が高いとみなされます。

 

要するに、健康保険証だけで職業についてある程度分かるため、返済能力の有無についてもある程度は見当が付きます。もしお持ちの保険証が公務員共済健康保険証か社会保険健康保険証であるなら、身分証明には保険証を用いれば返済能力も示すことになるので、そのぶん審査が早く通過できるかもしれません。※ただし、これはどのカードローン会社においても100%必ず当てはまる保証はないので、あくまで参考として覚えておいてください。

 

また必要書類の話ではありませんが、携帯電話の他に家に固定電話がある場合には、連絡先には携帯より固定電話の方が審査に通りやすいと知られています。原則としてキャッシングというものは、担保も保証人もいらない利用者本人の信用だけで融資がおこなわれる消費者信用産業に属し、用途は自由なフリーローンです。本人の返済能力に見合う範囲内の金額で、面倒な手続きなしに即日でお金を借りられるのがとても便利な点です。

 

よって、貸し倒れという事態になっては困るので、キャッシングを行う金融機関側としては本人と音信不通にならないように情報は必ず集めます。そのために使われるのが必要書類であり、申込みの際に記入した各種個人情報ということです。ただそれでも以前の状況からすると、キャッシングはかなり簡単に利用できてしまいます。

 

スマートフォンからも申込みができ、必要書類もカメラのデータを送信するだけで提出可能になりました。今日中に現金が必要だけど手持ちが無い!というときに、どこでもすぐに借り入れができる最近のキャッシングをすぐ使えるようにしておくため、提出が必要な書類については知っておくと安心です。